法律Q&A 個人の自己破産・借金整理「自己破産手続きの申立書には、どんなことを書くのですか。」

自己破産手続きの申立書には、どんなことを書くのですか。

自己破産手続きの申立書には、どんなことを書くのですか。



自己破産手続きの申立書には、多額の借金を抱えるに至った経緯、理由、債務者の現在の状況等を書きます。自己破産の申立をするためには申立書を作成して住所地の地方裁判所に提出する必要があります。この申立書には、以下の事項を整理して書きます。
1)申立人の本籍、住所
2)申立人の経歴出生地、学歴、職歴などのことです。
3)家族状況家族の氏名、年齢、職業などのことです。
4)申立人の収入、資産資産は、財産目録を作成して、本人所有のすべての財産を、不動産、株式、預貯金等、財産の種類ごとに整理して記載するとよいでしょう。
5)多額の借金を抱えるに至った経緯、理由いつ、いかなる理由で借金をし、それをどの様に使ったかなどを具体的に書きます。
6)現在の借金の詳細債権者一覧表を作成し、債権者全員の氏名、債権額、担保、保証人の有無、などを記載します。
7)現在の支払い状況、取立状況
8)これまでの交渉経緯サラ金業者などと借金の支払いについて和解交渉などをしたり、裁判を起こされていたり、強制執行を受けていたら、その旨を書いてください。
9)現在の生活状況毎月の収入と支出を家計簿のように、項目ごとに整理して書きましょう。また、配偶者や一緒に生活している家族の収入、子供の教育費など、破産する人だけでなく共に生活している人も含めた形で書きましょう。



執筆日20001113

執筆日についてのご注意